彼氏が私の脇毛を気にしていると知ったとき

私が脱毛したいと思ったのは、当時付き合っていた彼氏が、一緒にプールに行くときに、私が脇の毛を剃っていることに対して、ほっとした様子を見せたからです。

脇を見る女の子彼氏なみに毛深い私は、彼氏にカミソリで剃ることの大変さ(お前は毎日剃れるのか、など)を訴えた結果、毛を剃らない権利を勝ち取りました(女子とどうだ、と言われるかもしれないですが)。

その結果、彼氏は私の脇毛に対してなにもいわなくなったのですが、前述したプールの際に、あからさまにほっとしている様子を見て「あーやっぱり剃ってほしいんだなぁ」と思ったからです。

しかし、私自身はカミソリで脇をすると毛がもするし、剃っても次の日には生えてくるし、剃ればまた毛深くなるので、剃る行為そのものに抵抗を感じていました。

そこで脱毛したい、と唐突に思いました。プロに頼めばお金はかかるけど、きれいにしてくれるし、しかも永久脱毛だったら二度と剃る必要もない!そんな切実な思いから、脱毛することを決意しました。

ひざ下脱毛してきました

小さい時から悩んでいた

物心つく小学校6年生頃から自分の体毛が人より濃いと実感していました。

Beautiful woman having a headache in bedしかし小学生では何をどう処理していいのかも分からず、とにかく肌を見せないようにすることしか出来ません。

中学生に入学する頃にはカミソリという言葉を理解していましたが、当然親には子供のくせに意識して…、なんて怒られることが増えました。正直子供のほうが残酷なので男女問わず毛についてバカにしてくるので悩みは付きませんでした。

その頃はハッキリ言って腕と足しか気にしていなかったのですが、高校生になった時に太ももの裏や襟足、脇毛が気になるようになりました。特に高校生ですと制服のスカートを短くしていましたし、髪の毛をアップにすることも増えました。その部分をさらけ出す友だちを見て、ショックと自分のムダ毛も気になるようになりました。

しかしアルバイトは出来ると言っても脱毛するほどのお金はなかったですし、我慢したまま大学に入学しました。その時の彼氏とプールでデートした時、ついに脱毛を決心しました。

その理由は彼氏に背中の毛がすごいねと言われたからです。背中自分では到底処理できない部分です。そんな所にも驚かれるほど生えているなんて知らなかったので落ち込みようはすごかったです。

自分で確認できる腕や足などは処理もできますが、自分が確認することが出来ない背中は脱毛するしかないんだと思い全身脱毛を決心しました。

幼少期からコンプレックスだった体毛をどうにか出来ると自信にもつながりますし、着る洋服も選ばなくなりました。

ムダ毛注意!そこは人から見られている

おしゃれを存分に楽しみたい!そんなあなたに警告です。

あなたのムダ毛大丈夫ですか?

オールシーズン肌みせのファッションが流行している現代社会において、女子の天敵はやはりムダ毛。どんなにかわいい服を着て、どんなにバッチリメイクをしても、、むだ毛がすべてを台無しにします。そこで今回は、ムダ毛を脱毛したいと思う出来事を紹介しましょう。
surprised young woman
1Tシャツの横からワキ毛が見える。

ノースリーブだけでなく、Tシャツであってもワキ毛は丸見えであること、ご存知でしたか?

5分丈以下のゆとりのある袖の場合、腕を80度ほど上げると既にワキ毛は人から見えるようになります。電車でつり革を掴むとき、髪を結びなおすとき、伸びをしたときなどふとした瞬間に人はあなたのワキ毛を見て衝撃を受けることでしょう。

2後ろからうなじや背中の毛が見える。

ポニーテールやくるりんぱなど簡単でおしゃれなヘアアレンジ。

これらも後ろの毛のせいですべてが台無しになっていませんか?

自分では気づきにくいことですが、現代日本社会では前より後ろから自分を見ている人のほうが案外数は多いかもしれません。そんな中、首つまりの服以外の服を着ているとばれてしまうのがうなじと背中の産毛たち。結構衝撃的な量となっている人も中にはいるでしょう。一度確認しましょう。

3指の毛

「ネイル変えたの!みてみて~!」と友人や彼氏、意中のお相手に見せているとき、彼らがみているのはあなたの指・手の甲の毛かもしれません。

4口まわりの毛

友人や意中のお相手と親密な中になればなるほど、接近する機会は増えますよね。顔をよく近づけると、「え?ひげ?」なんて思われないよう注意しましょう。

5やっぱり気になるVIO
温泉、プール、彼との夜の営み。海外ではVIOの処理は他のどの部位よりも徹底して行われますが、日本では「見られていないからいいや!」の精神が横行しています。VIOを制する者はイベントを制す!

脱毛ラボに通いはじめました

義父に言われた一言…

私の家系はみんな毛が濃いです。主人の家系は毛が薄く、私は主人よりも体毛が濃いことにずっと悩んでいました。

Shocked woman主人にはよく俺より毛が濃いからちゃんとお手入れしろよと言われていましたが、脱毛に通えるほど家計に余裕はなく自宅でお手入れする程度しかできませんでした

昨年の夏に子どもが産まれて自分のムダ毛処理をする気力がなかったときに義父が息子に会いにきました。

夏場なので、体毛の伸びの早さが増していてムダ毛を処理していない私の腕には恥ずかしい話ツンツンたくましい毛が生えていました。

とても暑い日だったので、半袖を着てしまっていたのが良くなかったのですが、義父さんは私のうでを見て「人がくるときくらい芝刈りくらいしておけ!

子どもに刺さったらかぶれるぞ!」と言われてしまいました。

産後だったこともあり、おもしろおかしく言ったつもりの義父の言葉にショックを受けてそれ以来義父に会うのが怖くなってしまいました。

そして、脱毛には通えないけれど毎日自宅でムダ毛処理をしっかりするようにしています。この芝を永久に生えないようにするのが私の夢です。

全身脱毛中です

きれいな脚になりたくて…

大学生時代は女子大だったので、まわりにはおしゃれでかわいい恰好をした友達がたくさんいました。中でも短いスカートやパンツを履いて、素足でヒールの子は一際輝いているようにみえました。この組み合わせだと脚が長く、すらっとみえるので憧れる女の子も多いはず

でも私にはチャレンジすることができませんでした。
なぜなら脚のムダ毛にコンプレックスがあったから。

剃刀での処理を繰り返したために、ムダ毛は多く、濃くなっていたからです。
しかも乾燥肌なので剃ると毛穴が赤く残り、毛がなくても自分では脚が汚く見えて長いズボンを履いていました。

だから友人の色が白くムダ毛も毛穴もない、きれいな脚が羨ましくてたまりませんでした
どうしたらそんなにきれいな脚がキープできるのか聞いたことがあります。

それは脱毛したから、とのこと。お金はかかるし、仕上がりに個人差はあるけれど、一度脱毛すればずっときれいなままだと聞き試したくなりました。

当時はバイトをしていましたが、脱毛できるほど蓄えはなく、親も厳しかったのでサロンに通うことはできませんでしたが、社会人になって自立してからサロンで脱毛しました。少し遅くなったけれど、憧れの短いスカートにヒールというスタイルを楽しみましたよ。

http://エタラビ口コミ予約.com/

いつかは禿げるかもしれない

今20代後半ですが、抜け毛に悩んでいます。
幼い頃は髪の量が多く、さらに太い毛で、結ぶのが大変なほどでした。

20代に入った頃から、髪質が変わったなと感じるようになりましたが、扱いやすくなったし、さらさらになった、くらいにしか思っていませんでした。

しかし、25をすぎた頃から、毛が抜けるのが気になってきました。そして、自分の写った写真の登頂部が、薄く見えることにショックを受けました。

私にとって薄毛、ハゲは他人事ではありません。母方の家系の祖父の血筋は、男女問わず、はげています。女性でも、かなりの薄毛です。

しかも、親戚中です。私の母や叔母など、血縁の濃い者たちも、40代ではそうでもなかったのに50代に入るとみるみる間に薄毛になりました。私はまだ20代後半ですが、変化が始まっていてもおかしくありません。

シャンプーを変えたり、髪のケアを以前よりは気を遣うようにしたり自分なりにはしていますが。。。分け目に気を使わないと、とても気になっています。

ポリピュアEXの口コミで購入しました